つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
中学の恩師が本を出しました!
2016年03月08日 (火) | 編集 |
中学のときの1年と3年のときの担任の先生であり、
3年間通して国語を教えていただいた、
高橋喜代治先生が自費出版で本を出しました。
5年前の同窓会の時に最初の話をいただいてから
(出版系のデザインの仕事を私がしていたので)、
具体的に連絡が来たのがおととしの今頃・・・、
最初の原稿が来たのがさらにその半年後・・・、
やっと先月末にできあがりました・・・長かった・・・(笑)。

先生のふるさとである埼玉の奥にある
長沢耕地(ちょうざわこうち)は、
現在ではいわゆる限界集落。
先生の子どもの頃の風習や遊びを
なんとか本として残しておきたいと思ったようです。
自費出版の本というのは売れる本というよりは
著者本人のこうしたい!がかなえられるのが1番だと思うので、
そういう意味では、出版系のデザイナーやってた経験が生きて
よかったなあと思います。
印刷入れるまでデータを作り込むのが
私たちデザイナーの仕事なので、
色々十分ではない部分もあったと思いますが
修正や要望にはかなり丁寧に対応できたかなあとは思うので。

喜代治先生の本
カバー、表紙、中面ページの抜粋(小さめに)


↓Amazonでだけ一般販売しています(現在は予約受付中)
http://www.amazon.co.jp/耕地の子どもの暮らしと遊び~旧倉尾村長沢耕地の記憶~-高橋-喜代治/dp/4864763879

とても大変だったけど、普段の仕事とは違って
楽しく自由にやらせてもらえたので、
こういう機会を与えてくれた先生に感謝!です。
スポンサーサイト
北斎漫画〜!
2013年07月05日 (金) | 編集 |
最近、富士山が世界遺産登録されたので、
富士山がらみで葛飾北斎の絵も
テレビ等で取り上げられている事が多いけど、
欲しかった北斎漫画の3冊セット買っちゃった♪
漫画といっても今のような漫画ではなくて
北斎さんが『絵手本として発行したスケッチ画集』
(Wikipediaより)
今日行ったビックサイトでやっているブックフェアでは
http://www.bookfair.jp
本が20%OFFで買えるのですが
(明日まで、本好きな人はぜひ!
 サイトで招待券を申し込んでから行ってください)
ふと見たら目の前にあったので即購入!(笑)

だってこんなキラキラしたところを
飛んでいるような虎ちゃんとか
中面1

びみょ〜な顔の馬たち♪
(顔のない真ん中の馬が実は好きです
 耳の位置がちこっとずれているのがなんとも〜いい!)
中面2

北斎、富士山だけでなく、いいです!

3冊セットボックス。
2巻が一番好きかな。へんな動物が多くて(笑)。

北斎漫画BOX
北斎漫画BOX2

日本の芸術いいやね(^^)。

今日の本来の目的は第2回クリエイターEXPO。
イラストレータさんやデザイナーさん、漫画家さんたちが
いっぱい出展しておりました。
去年よりだいぶ増えてたなあ・・・。
みんないいお仕事くるといいね。
(他人事ではないんだけど(^^;ゞポリポリ...)
雪の日は読書〜
2013年01月15日 (火) | 編集 |
昨日の雪はホントにすごかった!
3連休の最終日だったから、どこかへ旅行に行っていた人は
大変だったろうなあ〜〜。

特にうちは予定なしなので、昨日はずっと引きこもり。
日曜日にAmazonで頼んでいた本が3冊届いたので、
久しぶりに集中的に読書してました。

先日、水墨画関係のお友達に誘ってもらった新年会で
秋元紀子さんという
安房直子さんのお話をひとり語りする方と
お目にかかることができ、
実際にひとり語りも聴かせていただく機会に恵まれました。

↓秋元紀子さんのサイト
https://www.facebook.com/mikadukimura

それでなんともいえない不思議な話が多いという
安房直子さんの作品にすごく興味を持ったので
さっそく文庫(右側は単行本かな?)を
2冊ほど頼んで読みました。

安房直子

秋元さんの「語り」を聴いた時にも思ったのですが、
安房直子さんの童話は、
『色(色彩)』の表現がとても独特でいいですね。
色が頭にふわっと浮かぶお話。
色付の絵を描きたくなるお話です。
物語も少し不思議な部分や怖い部分もあったりして・・・
大人もたまにはこういうのも読むと
幸せな気分になれていいですよ〜(^_^)

でも私はファンタジー童話だと
「佐藤さとる」さんがはやり1番好きなのです〜〜(^^)
コロボックル物語とか竜宮の水瓶とか・・・ね。
いまだに昔、子供の頃に買った文庫本たち大事にとっています。

佐藤さとる



一緒に今回Amazonに頼んだのが、
この前友達がFBで面白い!と言ってた
「カラスの親指」(道尾秀介)

カラスの親指

映画化される(された?)のか、
カラーカバーが通常版と映画版と
2枚重なって付いてきました(^_^;

道尾さんの本は私は初めて読みましたが
ミステリーでも私の好きな桐野夏生さんのように
面白いけど後味が重い・・・系と
さわやか系がありますが、
今回読んだ「カラスの親指」は間違いなく後者。
救いのある愛ある終わり方でホッとします(笑)。
他の作品も読んでみようかなと思います。

※桐野夏生さんについては
以前blogに書いているので興味あれば・・・
http://miwaanblog.blog65.fc2.com/blog-entry-605.html
なかなかに使いこなすのは難しい。
2012年12月18日 (火) | 編集 |
PC関連本

普段使っているillustratorとphotoshopは
ソフトのバージョンあがっても
大体やっているうちにわかってくるのだけど、
問題は、たまにページ物のときにだけ使うInDesignと
ほとんど使わないWeb系ソフト。
DreamweaverなんてCSになる以前の
4までしか使ったことなかったので
CS6を立ち上げてみたら
もうなんだかまるで中が違うし・・・( ̄ー ̄;)
(当たり前か〜〜)。
InDesignもCS3までしか使ってなかったので
とりあえずどこが変ったのかがわかるHow to本を購入。
Flashもできたら仕事増えるらしい(?)ので
ちょっと勉強しないといけません。
Web系はうちは弱いからなあ〜〜。

ホントはいつでもわからない時に
聞いたらすぐに教えてくれる人がそばにいて作業できると
一番効率よく覚えられるのだけどね〜〜。
そういう点は会社員のときはよかったなあと思います。
雨だしヒマだったので…(^_^;)
2012年05月03日 (木) | 編集 |
雨だしヒマだったので…
久しぶりに本を読みました。
ず~~と前に買ったっきり読んでなかった
桐野夏生さんの「メタボラ」。
沖縄が舞台の話なので、ちょっと方言のセリフが
聞き慣れてない私には読んでて難しいところがありましたが、
それを差し引いてもあまりある内容なので
ずんずん読めます(笑)

メタボラ

桐野夏生さんの本は結構好きです。
絶望的な人間が出てくること多いので、
ちょっと読んだあとぐったりするけど、面白いです。
「メタボラ」はでもぐったり感、軽い方だったかと(笑)。

桐野夏生

↑うちにある桐野コレクション(笑)
ここになぜか写ってないけど
(本箱の別のところにあるのか単行本で読んだかな~?)
『顔に降りかかる雨』『グロテスク』なんかも読んでます。

※桐野夏生
http://ja.wikipedia.org/wiki/桐野夏生

にしても、やはりそろそろ老眼鏡ちゃんとしたの買わないと、
文庫本は読みにくいわ~~(-o-;) やだね~(+_+)

明日からは晴れるかなあ~。
農業高校のお話のマンガ
2012年04月11日 (水) | 編集 |
最近、あんまり集中して読書しないので
(通勤もしないしね)、
ちゃんとした活字の本をあんまり読んでないな~(笑)

そして今日もマンガの話(^^;ゞポリポリ...。
錬金(鋼の錬金術師)描いていた荒川弘さんの新作
「銀の匙」が面白いです。
http://websunday.net/rensai/ginsaji/
まだ読んだの2巻までだけど~、
この調子で面白いままいって欲しいなあ。

銀の匙

農業高校の家畜や農業のお話なのですが、
生産者の人たちの側のいろいろなことを通して
ほ~~お、へ~~えと思うことがいっぱい。
ちょっと似たような感じで、
北大の獣医学部のお話を描いて、
ハスキー犬ブームにもなった
「動物のお医者さん」というマンガがありますが
(このマンガも私は好きです(^^))、
それとはもう少し趣が違って、
豚さんは生まれて3ヶ月後には肉にされてしまう…(^o^;)とか、
けっこう命に関するシビアな話題もガンガン出てきます。
いつか獣医学部を出た友達に、
私も理数系の頭があっったら
獣医さんになりたかったなと言ったことがありましたが、
動物好きな人は獣医学部には行かない方がいいよ~
と返された覚えがあります。
その意味がこれは農業高校の話だけど、
2巻まででもよ~~くわかりました(^_^;)。
安全に食べるってことは
ホント生産者の人たちに色々な意味で
感謝しないといけないやね。
な~~んていう難しい話だけでなく、
面白いマンガですよ(^^)。



関係ないけど、この間サクラを見に行ったときにいた
目黒川のカメたち。
目黒川、あまりきれいでなかったけど、
カメたちはのんきに日向ぼっこをしておりました。
写真だと比較するものがないのでわかりづらいですが
石の上にいたのはかなり大きなカメさんでした。
まわりにもよく見ると何匹かいます。

目黒川のカメさん

旦那がその様子をキャラ化しました(笑)
こういうの仕事の合間にちょこちょこ描くの好きみたいです。
だからって?なんだけど~(^_^;)

kame_キャラ


テルマエ ロマエ
2012年01月28日 (土) | 編集 |
最近旦那に薦められて読んだマンガで面白かった
「テルマエ ロマエ」。
http://thermaeromae.com/comics/
簡単に言っちゃうと
ローマ時代と日本とを「お風呂」繋がりで
マンガにしちゃったってやつ。
日本人はローマ帝国時代の主人公ルシウスに
「平たい顔族」(笑)と称される。
ちょっと前まで夜中にアニメもやってたんだけど、
3回で終了!
(まだ原作も4巻までしか出てないから~というか
このマンガってこの調子でこの内容で
何十巻も出すのは無理だよなあ~と思うけど
どうなんだろう? ネタ切れしそう(^_^;))。
http://www.thermae-anime.jp/

んでもってさらにこんど映画化だって。
http://thermae-romae.jp/
阿部ちゃんの濃い~~顔はローマ人役でも
違和感なさそう(笑)。

にしても、私は横文字というかカタカナにも弱いので、
なかなかローマ人の登場人物の名前が覚えられません
(世界史も英語も苦手だったしな~~笑)。
タイトルさえなかなか頭に定着しなかった(^_^;)

あたたまるお風呂っていいやね、最近の寒い季節は本当に。
日本人にはかかせない文化だよなあ~。
温泉も行ってないな~~~、行きたいな~~。


あ、あと暖かいと言えば、
去年花粉症対策で買った布団乾燥機が
今の時期すっごく重宝しています。
眠る前にちょっと乾燥機で暖めるだけで
ほこほこ暖かいお布団で眠りにつける!
あ~、暖かいってしあわせだ~~♪ってのが
最近よくわかりました(^_^)
まったく私は冷え性ではないので
(なんせ冬でも家の中では裸足だし。靴下嫌いだから~)、
あんまり布団の暖かさは気にしてなかったけど~、
もっとはやくに買えばよかった!