つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
最近みたDVD
2012年06月15日 (金) | 編集 |
注意毎度、自分のための備忘録&ネタバレ&勝手な感想です~~
長いので興味ない人は無視して下さいませ(^_^;)。
でもブログに残すようになってから、
見たかどうか検索すればわかるので、2度借りがなくなった(笑)


『八日目の蝉』
★★★★☆
http://www.youkame.com/index.html

第35回日本アカデミー賞最優秀作品賞、
同監督賞、同主演女優賞、同助演女優賞など、
10部門の最優秀賞を受賞したらしいというので見てみました。
原作者と脚本家のおふたりが
自分とほぼ同年代らしいというのにも興味があって。

で、感想。
まず、とにかく題材が題材なので話がとにかく暗いです。
仕方ないけど。
永作博美さんと井上真央さん、
それと井上真央さんの子供時代の子役の子が
すごい演技力っていうは、全編通してみれば
誰でもよ~~くわかるとおもいます。
特に永作さんの、自分の子供ではないのに
一生懸命育てつつ、いつ捕まるかとドキドキしながら
1日1日を過ごす姿には、ところどころ泣けてきます。
だ~~けども、この映画、あまりにその子供を取られた側の
お母さんの描かれ方が可哀想な気もします。
犯罪者側(愛人側)の永作さんの立ち場で物語がすすむので、
どうも実母のほうに分が悪い。

そして一番罪深き父親の存在感があまりに薄い。
妻、愛人、娘の女3人を不幸にした元凶なのに。
もっと責められていいんでは?と思うけど、
ホントにさらっと通り過ぎます。
もう1人この映画にはダメ男役で、
井上真央の不倫相手として
劇団ひとり(なぜひとりなんだ? 笑)が
出てきますが、
これもただただダメなやつとして淡々と描かれています。
男2人の存在がホントに薄い。
無視されていると言っていいくらいです。
そのあたりの構成のしかたが面白いなあと。

映画の前にドラマでやっていたそうですが、
それはどうだったのかな?
私は見てないのでそっちはわかりませんが。


『プリンセストヨトミ』
★★☆☆☆
https://www.toho.co.jp/lineup/princess_toyotomi/

登場人物が戦国時代の武将の名前ってところは
面白い!とおもったところまではよかったんだけど、
ストーリーとしては全部見終わると
で『プリンセストヨトミ』の存在って
なんだったの?(笑)って感じ。
いなくても話にこまらないのでは?なんて(^_^;)。

堤真一と中井貴一は役者さんとしては実力派、
やはり存在感あるしとてもいいのですが
でももっとOJOの人たち
特に代表の中井貴一が関西人の役ってなんか違う気がします。
もっとベタな生まれも育ちも関西っていうくらいの
実力派使えばよかったのではないかなあって思いますが。

中井貴一の奥さん役が和久井映見って
今の大河の清盛の父と母の組み合わせだったのが
なんとも面白いのと
綾瀬はるかの食べっぷりはよかったです(^_^)。


『ステキな金縛り」
★★★★☆
http://www.sutekina-eiga.com/
あまりにありえない話だったけど、
面白かったです。
西田敏行さんの演技力とキャラクターあっての映画ですね。
(歌手の)KANさんがこんなところで出てる!
っと意外だった(笑)。


『Glee シーズン1』
★★★☆☆
http://tv.foxjapan.com/channels/fox/lineup/glee-s1/
海外ドラマ好きな旦那の知り合いに薦められて見たGlee。
海外ドラマといえば、
うちはブラピのもと奥さん(笑)が出ていた、
「フレンズ」に以前はまって、DVD BOXまで買っちゃったけど、
それ以来ヒット作がない(笑)。
Gleeは懐かしい曲もいっぱい出てくるので、
洋楽好きな人にはいいと思います(^^)
ストーリーとしたらイマイチかなあとは思いますが、
歌はみんな上手だし聞きごたえあります。
オリジナルアーティストのPVをコピーして歌ったりするので、
大元のPV見たくなってYouTube探すことも(笑)
スーズン2以降はその知人がいうには、
つまらなくなるらしい(?)ので、
続きを見るかどうか考え中(笑)。


『アリー my love シーズン1 第1話~4話』
★☆☆☆☆
http://www.geocities.co.jp/playtown-Spade/3796/tv_allymcbeal.html
これもGleeと一緒、
海外ドラマ好きな旦那の知り合いに薦められて見た。
けど、ダメだ~~、DVD最初の1枚でギブアップ~~ ┐('~`;)┌
もともと恋愛ものにあんまり興味ないってのもあるけど、
あまりに気分の浮き沈みが激しく、こういう周囲を巻き込む女、
いくら美人で賢くってもきらい。
とくに職場でまでって最悪だ、イライラしちゃうもん。
見続けてれば面白くなるのかも?だけど、
私には無理だった…(^_^;)


『ウンナンの気分は上々』Vol.3とVol.4
http://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/variety/unnan/
なつかしい!(笑)
Vol.3はなんといっても柳沢慎吾で笑う。
いいやね、慎吾ちゃん。うざくてうるさくて(笑)。
Vol.4はさま~ずとくりぃ~むが
まだバカルディと海砂利だったときのお話。
さま~ずのがやっぱりこの頃から私は好きだなあ~(笑)
スポンサーサイト
最近見たDVD3本(いつものようにネタバレです)
2012年04月21日 (土) | 編集 |
もうちょっと貯まってから載せようと思ったけど、
いつも長々しすぎるので、
今回見た3本はどれもよかったから
書いちゃえってことで~(^_^;)
そしていつものように勝手な感想です(笑)。


『The Sting』
★★★★☆
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id11933/ http://ja.wikipedia.org/wiki/スティング_(映画)

ちょっと古いのを見てみた(笑)。
まず思ったのは若い頃のロバート・レッドフォードは
ブラピに似ている!(と思うのは私だけ??)
そしてポール・ニューマンはいつ見てもかっこいい!!
あとね、この映画にはメインの女の人
2人しか出てこないのだけど
どっちも女優さんとして
おせじにも美しい人ではないのはなぜ?(笑)
超イケメン2人、ポール・ニューマンと
ロバート・レッドフォードの相手役の女の人なのに~?

ストーリー、テンポよくて面白かったです。
簡単にいうと仲間の復讐をする映画なのに
血なまぐさいシーンがほとんど無くて、
頭脳で勝負!しかもだました相手はたぶん、
最後だまされていたとは気づいていない。
センスのいい詐欺ってへんな言葉だけど、なんかそんな感じで
見たあとイヤな気分にならない、さわやかないい映画でした。
アメリカの古き良き時代?ってこんな感じ?なのかなあって
(実際のことろはまったく知らないけど)。




『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』
★★★★★
http://www.vap.co.jp/taiheiyo-no-kiseki/sakuhin.html

友達に勧められて見た作品。
私は基本的に動物(特にワンコ)が頑張るものと、
ドキュメンタリーに近いような戦争の映画は
すすんで観ないようにしています(笑)。
なぜなら涙腺刺激するのがわかっているから。
ほかの類いではどんなものでもほぼ99%
涙出ることないんだけどね(笑)。
あんまり感情に起伏のない人間だから~(笑)。

案の定、もう序盤から勝手に涙がポロポロ…。
国のために天皇陛下のためにって、
過酷なところで日本の勝利をただただ信じて
必死に戦う日本兵達。
日本だけじゃない、相手のアメリカ軍だって
死と隣り合わせで戦ってるわけで…。
民間人も含めてなんでこんなに大勢の人が
死なねばならなかったのか。
戦争の映画を見るたびに
憤りと悲しみとで泣けてくる。
みんなそれぞれ親も家族もいるんだろうに。
この太平洋戦争のときだけじゃない、
今でもまだ世界のどこかで戦争しているんだから、
反省しないんだね、人間って。

この映画、役者さん達、とても大変だったと思います。
竹野内豊、もともと好きな役者さんでしたが、
とてもよいです(^^)。
渋くなってきましたね~~。
唐沢寿明のスキンヘッドはびっくりでしたが(笑)。
ストーリーも、そのすすめてくれた友達の話では
「奇跡」という部分で賛否両論あったらしいですが、
私はこれでいいんじゃないかなあと思います。
戦争中に人の命を1つでも多く救うこと、の
大切さと難しさ、
よく出ていたと思います。

久しぶりにいい映画観ました!
平和について戦争について、
たまにはよく考えることも必要だ。



『孫文の義士団』
http://sonbun.gaga.ne.jp/
★★★★☆
良い意味で期待していた以上でした。
もっとアクションだけのB級っぽいのを想像していましたが、
孫文をとにかく1時間守り抜くと言うだけのために
ひたすら頑張る男達の姿はストーリー的にも
ぐっとくるものがありました。
アクション、ほんとすごすぎるしね。

でもな~ここまでの命の犠牲を払って
なぜわざわざ敵だらけの香港に上陸して
13の省の代表者たちと孫文は会議しなくちゃならないの?
もっと安全なところで孫文さんのところに13代表が
いけばよかったんじゃ??( ̄ー ̄?)
と、中国史ほとんど無知な素人は
根本的な所で思ってしまいましたが~(^_^;)。

レオン・ライ、世捨て人の格好しててもかっこよかったけど、
後半のアクションの見せ場で
髪の毛ストレートになって振り乱しながら戦っているときの姿は
坂本龍一に似てる!!と思ってしまったのは私だけ?(笑)。
なんだかこの映画、日本の誰かと似ている俳優さんが
いっぱい出ていて
そういう意味でも面白かったです(^^)。
映画DVDの備忘録(2012.2月)
2012年02月18日 (土) | 編集 |
この前映画DVDの備忘録を書いたのが
2010.11月だったので、去年まる一年書かなかった。
休日散歩や走るようになったので、
DVDを見る時間が少し減ったから?かなあ~。
とはいえ、思い出した分だけでも記録にしておこうかと
(ホントに忘れるから~(^^;ゞポリポリ...)。
今更だけどね。
勝手な感想もホントに勝手な感想を少しだけ。
自分のための忘れないための~なので、
興味ない方は読み流して下さいませm(_ _)m。



邦画

●『最後の忠臣蔵』
http://wwws.warnerbros.co.jp/chushingura/
忠臣蔵の話知っているし、いまさら~と思ったけど、
思った以上によかった。
忠臣蔵の討ち入りのときの話ではなく、そのあとの話だったし。
私は義理がたく、だまって重い任務を遂行する男に弱い(笑)
役所広司がしぶすぎ格好よすぎて、泣ける!


●『告白』
http://kokuhaku-shimasu.jp/
話は暗いし、生徒をここまで追いつめていいのかって思うけど、
面白かった。
松たか子淡々としてて怖い。


●『火天の城』
http://www.shirofan.com/news/090812_katen.html
安土城、こんなに苦労してつくったのに、
すぐに燃えてなくなっちゃって、むなしいよなあ~。


●『GANTS』
●『GANTZ PERFECT ANSWER』
http://gantz-movie.com/index.html
『GANTS』でもう次のありきのエンディングだったから
続きもやっぱり見ちゃうよね。


●『武士の家計簿』
http://www.bushikake.jp/index.php
あまりに平和的…


●『十三人の刺客』
http://www.toho.co.jp/lineup/13nin_no_shikaku/
人が死に過ぎ、切られ過ぎ~(×_×)
元凶の吾郎ちゃんを最後まで放置し過ぎ~(笑)


●『インシテミル 7日間のデスゲーム』
http://wwws.warnerbros.co.jp/incitemill/
これも人が簡単に死に過ぎ~(×_×)



洋画

●『ブラックスワン』
http://movies2.foxjapan.com/blackswan/
ナタリー・ポートマンがすっごく美しい。
心身ともに追いつめられた人間ってこわいなあって思う。


●『英国王のスピーチ』
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/
上に立つ人は苦手でもスピーチできないといけないから、
大変だよなあ~。


●『SUPER8』
http://www.super8-movie.jp/
後半が…


●『チェンジリング』
http://eiga.com/movie/53185/
実話が元らしいけど、どう考えても人1人入れ替わって
今までその人が生活していた環境全部を説得するの
無理だよねえ。なのでツッコミ所がいっぱいでした。


●『KICK ASS』
http://www.kick-ass.jp/index.html
内容はB級~。
なんだけど、ヒットガール役のクロエ・モレッツがいいっ!(笑)



アニメ

●『借りぐらしのアリエッティ』
http://www.karigurashi.jp/index.html
さま~ずの三村もいつかなにかの番組で言ってたけど
「借り」ぐらしって?道徳的にどうなの?(^_^;)


●『塔の上のラプンツェル』
http://www.disney.co.jp/movies/tounoue/
髪の毛の描写が細かくてすごい!し、
色はさすがディズニーものなのできれいです。
が、ミュージカル苦手な私としては、
セリフを歌ってしまうのが苦しかった(笑)


●『カーズ2』
http://www.disney.co.jp/cars/
メーターが主役かあ~(笑)。


●『星を追う子ども』
http://www.hoshi-o-kodomo.jp/top.php
映像とても色がきれいです。
ナウシカ、ラピュタなどなど
全面的に宮崎駿さんの影響をすごく受けているのがわかります。


●『コードギアス 反撃のルルーシュ』
http://www.geass.jp/first/
全体に長体かかったような絵が最初気になったけど(笑)、
けっこう面白かったです。
デスノートとエヴァンゲリオンひっくるめて
洋風にした感じ?ちょっと違うけど。
(超ファンな人には怒られそうだけど(^_^;))


ほかになにかあったかなあ~~、これ以上思い出せない(-o-;)
洋画もうちょっと見た気がするんだけどなあ~。
去年は全然、映画館に行かなかった~。

それとこの中のかなりの数を自分のDVDコレクションから
レンタルしてくれた友達のAちゃんに感謝!!



あとから思い出したの追加!

●『ダークナイト』
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/

●『ワルキューレ』
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007113

●『ヒトラー ~最期の12日間~』
http://www.hitler-movie.jp/
終わっちゃったなあ~。
2011年06月28日 (火) | 編集 |
ああ、日曜日にやっていたドラマ
JINが終わってしまった…。

原作マンガよりは最後、
よかったなあとは思ったけれど、
ひとつだけ特に残念だったのは、
関わった人たちみんなの記憶に、
仁先生が残らなかった事にしちゃったこと。
歴史の修正力とやらのせい(?なのか?)?

あれじゃあ、なぜ仁友堂ができたのかを含めて
仁先生中心に関わった人たちの
全部の関係が否定されてしまうし、
それに咲さんがかわいそうだ。
名前もわからなくなった人を想って独身通してって
悲しすぎるじゃん。
それに野風の子供を引き取って育てるほどの大きな理由も
わからなくなっちゃう。
JIN先生が突然いなくなっても
あの混乱の時代なら不思議に思わないし、
咲さんはああ、元の世界に戻られたのだなと思うはずだから
記憶消さなくてもよかったのになあ~。
咲さんにもう少し幸せになってほしかったです~。
な~~んて、勝手な感想。

突っ込みどころも残念だなあと思う所も
最終回ではいろいろあったけれど、
毎週ホントに楽しみにできたドラマでした。
来週からまたつまらない日曜の夜になってしまうと思うと
はあ~~って気分です。
記憶に残るドラマになったなあ~。

こんなことでがっかりしているぐらいの私って
幸せだよなあ~(笑)。



まったく関係ないけど、
スヌーピーが出てくるので、
よくレタスクラブは買うのだけど、
今号はトートバック付。
思ったより小さめだったけど、
かわいいし、コンパクトにしまえていい感じです(^^)。
ショウガレシピがいっぱい載ってたから
ショウガ買って来よう♪

レタスクラブ
ドラマJINが始まった~~(^^)
2011年04月18日 (月) | 編集 |
日曜日からJINのドラマが始まりましたね~~(^^)
http://www.tbs.co.jp/jin-final/

ここ数年のドラマ(もともとあんまり見ないんだけど~)の中で
唯一毎回楽しみだったドラマ。
前回、謎を残したまま終わってしまった時には、
ホント次からの日曜日がつまらくなったくらい。

やっぱり面白いです!
仁先生(大沢たかお)も、咲ちゃん(綾瀬はるか)も、
そして龍馬と言えばこの人、内野聖陽さん!!さいこ~!
前回ドラマにはまってマンガも全巻読んだけど、
マンガのストーリーを取り入れつつ、
ドラマのオリジナルストーリーがうま~く絡んでいて、
原作より面白く感じるめずらしいドラマですよね。
これからの展開がすごく楽しみです。
日曜日のなにも見るものなかった空白だった時間が
心待ちできるのが嬉しい♪

あ、でもちょっとだけ昨日の放送で気になったことが~。
仁先生、あれから2年も経った設定なのに、
髪の毛のちょんちょりんの結び目、
まったく伸びてなかったなあ~~(笑)



土曜日、久しぶりに水墨画教室に行きました。
2回分、いっぺんにやってもらってしまった(笑)。

タケノコの色紙
タケノコの色紙

以前、教室内の展示のために
トビウオを半切に描いたのが裏打ちされて戻ってきました。
筆日記のほうにアップしたので、興味あったら見てね。
トビウオはやはり、縦書きは合わないと思う(笑)。
http://miwasumiart.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
映画DVDの備忘録(2010.11月)
2010年11月24日 (水) | 編集 |
この前書いたのが半年以上前の3月だったから、
もう忘れて記憶に飛んでいて
書き忘れているのもあると思うのだけど~、とりあえず。
勝手な感想&ネタバレバレなので適当に読み飛ばして下さい。

●「INCEPTION インセプション」
http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/dvd/
めずらしく、映画館に見にいった映画
(レイトショーだったから正規値段よりは安いけど)。
ディカプリオと渡辺謙の共演で興味があったので。
こんなような非現実的な話だと、
大体最後にストーリー的に無理が出て、
最後がっかりさせられることが多いけど、
この映画はまあ、突っ込む所もあるにはあるけど許せる範囲で、
面白かったです。
映画館で見ても後悔しなかった(笑)

(勝手な評価 ★★★★☆)

以下はDVD
●「シャッターアイランド」
http://www.s-island.jp/
インセプションの後に見たので(映画は実際はこっちのが先に公開ですけれど)、
ディカプリオの役所がどこか似てんな~~~っと思ってしまった。
でも面白かったです。

でもなんかここ数年のレオ様作品結構観ているけど、
男っぽい役をがんばってんな~と。

(勝手な評価 ★★★★☆)

●「トイストーリ-3」
http://www.disney.co.jp/toystory/
この前、観た直後に日記にも書いたけど、
私にとっては3シリーズの中では一番ほろりときたお話。
いいっす。

(勝手な評価 ★★★★☆)


●「プレデターズ」
http://movies.foxjapan.com/predators/
う~む、根本的になんのためにどうして戦っているのかが
よくわからん。
「やく~ざ」な日本人らしき人がなぜあそこに入ってたのかも
(そして靴を脱いでしまうのも)謎。

戦闘ものが好きな人にはいいのかも。
女のスナイパーの人かっこよかった!ってくらい?


(勝手な評価 ★☆☆☆☆)

●「のだめ 最終楽章 前編/後編」
前編
http://www.nodame-movie.jp/index1219.html#/top
後編
http://www.nodame-movie.jp/index.html#/top

まとめて2つ借りた。
う~~~、のだめ、ドラマまでは好きだったんだけど
これはちょっとなあ~~。
のだめがあまりに精神不安定すぎる子に見えてしまって(^_^;)
楽しく見れたドラマとはなんか違うもののようだった。

(勝手な評価どっちも ★☆☆☆☆)


●「劇場版 トリック 霊能者バトルロイヤル」
http://www.yamada-ueda.com/movie/index.html
今回のは松平健と佐藤健の2人の健さんが出てます(笑 読み方違うけどね)

(勝手な評価 ★★☆☆☆)


●「最高の人生の見つけ方」
http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/
モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの
ストーリ的にはすごく普通で(2人の世界観光旅行記のようだもん)
演技派2人の演技のみに頼ったような作品だけど、
すごくよかったです。
こういう余命数ヶ月のお話となると、
どうしても悲壮感いっぱいで泣かせよう泣かせようって感じの話が
多い気がするけど、この映画はそういうところが全くなくて
さわやかに旅立つって感じがすっごくいい。
私もこんな感じで楽しく最後に好きなことをして
旅立ちの日を迎えたいなあって思いました。
最後に世界一周旅行、私もしたいなあ~~(笑)

(勝手な評価 ★★★★☆)


●「シャーロックホームズ」
http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlock/
ちょっと今までのホームズのイメージとはかなり違います。
強すぎるぞ、ホームズ!(笑)
わんこがかわいい!

(勝手な評価 ★★★☆☆)

●「パブリックエネミーズ」
公式サイト探したけどでてこないのはなぜ?
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id334507/
ジョニーデップがかっこいいけど、ただそれだけ。
かっこいいけど、それだけじゃないのがジョニーデップなのになあって。
ちょっとがっかり。そして長い!
最後があっけなさ過ぎだし。

(勝手な評価 ★★☆☆☆)


●「パーシージャクソンとオリンポスの神々」
http://movies.foxjapan.com/percy/
↑ここのサイトにあるデミゴット診断で、
私は「ポセイドン」だった(笑)どうでもいい話だけど。

う~んと、ギリシャ神話のお話は好きなんだけど、
なんだかそれがうまく活かされていないような?
突っ込みどころが多すぎる(笑)。
ハリポタとか好きな人にはいいのかも?

(勝手な評価 ★☆☆☆☆)


●「コララインとボタンの魔女」
http://coraline.gaga.ne.jp/
ナイトメアーの監督さんが作った作品。
ファンタジーなんだけど、薄気味悪い怖さがあるって感じ?
キャラもけっしてかわいいというのではないし。
子供が見たら泣くな(笑)
作るの大変だろうな~~と思う作品。

(勝手な評価 ★★☆☆☆)


●「ハング・オーバー」
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover/
あまりにアホで笑える~。
酔っぱらった次の日
歯がなくなって、虎がいて(ニワトリもいたし!)赤ちゃんがいて~~!
なにも考えず明るく笑えるいい映画だ~(笑)
まさにアメリカンコメディって感じ(←意味不明?)
好きです、こういうの♪

(勝手な評価 ★★★☆☆ ★半分にできないけど、ホントは3.5!)


●「アリスワンダーランド」
http://disney-studio.jp/disney/special/alice/
アリス役の子がきれい。
ジョニーデップは、またへんなメイク顔(笑)
白の女王がとにかく白い!(笑)

これ3D映画だったのだけれど、
もちろんDVDで家で見たので3Dではなかったのだけど、
3Dになってたらもうちょっと感動が違ったのだろうか?

(勝手な評価 ★★☆☆☆)


●「第9地区」
http://d-9.gaga.ne.jp/
宮崎アニメにも通じる所があるけれど、
対、他の生物に対して、つくづく人間ってダメだなあって思う。
この映画は、う~~んと簡単にいえば、
オウムが虫型異星人(映画中ではエビっていわれてたけど)に
変わった?って感じ?
人間よりも虫の異星人の方に
肩入れして見ている自分がいるのが面白い。
ふだん虫嫌いなんだけどね~~(笑)

(勝手な評価 ★★★☆☆)


番外編
●「5×10 ARASHI ALL the BEST! CLIPS 1999_2009」

いわずとしれたジャニーズの今1番人気、
「嵐」のDVDを
友達に借りて初めてみました。
今までよく気にして嵐のダンスとか見たことなかったのですが、
ちょっとびっくり発見!だったのが、
いつもぼ~~として見える、
リーダーの大野君と、昭和顔(笑)の二宮君が、
ダンスのキレがすっごいの。うまい!かっこいい!
これを見たらこの2人のファンにも「あり!!」って言える。
(実際、私のいつも持病でお世話になっているお医者様のI先生は、
嵐の二宮のファンらしいのだけど、
以前それを聞いて、「なぜに?ニノ?」っと
聞いてしまったことがあるのだけど、
今なら「わかる~~!!」って同調すると思う 笑)
にしても、歌に踊りに~、覚えるの色々大変そうですね。
人気のある人たちはやはり影で努力もたくさんしているのでしょうねえ。

(勝手な評価 ★★★★☆)
最近見たDVD
2010年03月26日 (金) | 編集 |
毎度です~~。
何度も言いますが、健忘録だと思ってお許しください(笑)。
そしてネタバレバレの勝手な感想なので
適当に読み飛ばして下さい。
(俳優さん達の敬称略)


●「天使と悪魔」
http://bd-dvd.sonypictures.jp/angelsanddemons/

ダビンチコードに続くトムハンクス主演の続編。
ダビンチコードが結構面白かったので期待してみました。
今回はヴァチカンのお話。
スターウォーズのオビワンが出てきます(^^)。
謎解きのためにあっちゃいったりこっちゃ行ったり、
なんだかめまぐるしいです
ラストの空中爆発がありえん!うっそ~~!!って感じ。
だってヘリじゃんね。
原作をどちらも読まずに見たので何とも言えませんが、
ダビンチコードのがテンポはイマイチだったけど、
よかったような?



●「デトロイト・メタル・シティー」
http://www.go-to-dmc.jp/movie/index.html
私は絶対に1人なら借りないなあ~~という
完璧に旦那の趣味で借りたもの。
でも意外と面白かったです。
松山ケンイチ、DEATHNOTEで
Lそっくり~~!って思って感心したけど、
こんなちょっとキモイ好青年役もいいですね。
完全なB級だけど、なぜか面白かったです。




●「ハッピーフライト」
http://www.happyflight.jp/index.html

時任三郎に田辺誠一、綾瀬はるかと好きな俳優さんがいっぱい。
おどおどした副操縦士役の田辺誠一がよいです(笑)。
飛行機飛ばすには、沢山の空港関係者が関わっているのが
よ~~くわかるお話。
天気はもちろん、鳥の群れにも注意している人が
いるのですよねえ。
でも飛行機事故は怖いなあっと思います。
元々飛行機が苦手なうちの旦那は見終わった後、
やっぱり飛行機はイヤ!っと言ってました。



●「ザ・マジックアワー」
http://www.magic-hour.jp/index.html
三谷幸喜作品。
すっごい色々な俳優さんが出てきます。
三谷さん、いいんじゃないでしょうか~~(笑)!って感じ?


●「つみきのいえ」
http://www.hakusensha.co.jp/tsumiki/
2009年アメリカアカデミー賞・短編アニメーション賞受賞作
短編アニメーションというのを知らなくて見たので、
とにかく短くてびっくりしました。
でもなんだか絵がやさしくてよかったです。
主役のおじいさんの台詞なしで、淡々とお話は進むのだけど、
人にはみんな生活を積み重ねた人生が
それぞれあるのよねえっと。
見終わった後、
こんな静かな主張しすぎないアニメも
ありなんだろうなあっと思いました。



●「252生存者あり」
http://wwws.warnerbros.co.jp/252/
巨大台風が東京を襲って、地下鉄の新橋駅は水浸し、
元ハイパーレスキューの主人公を含む4人が地下に取り残され、
外にいるハイパーレスキュー隊たち(主人公の兄もいる)が
必死に助ける物語。
2回、5回、2回たたいて「生存者あり」というのを
知らせるのだそうな。初めて知った。

う~む、これって日本版ダイハードというのかなあ?
でもちょっとブルースウィリスには勝てなかったね、
伊藤英明(笑)。
それなりに緊迫感はあったし、楽しめもしたんだけど
あんなに台風の目に入るわずか18分ってのが
と~~っても大事なはずだったのに、
最後台風の話はどっかとんじゃうし……。
ってか突っ込みどころがい~~っぱい。
内野さんは渋くてかっこよかったですが~。




●「剣岳 点の記」
http://www.tsurugidake.jp/
製作発表のインタビューで浅野忠信や香川照之が、
すっごく寒いは危険だわで
スタッフも役者さん達も
撮影がとっても大変だったと言っていたので
非常に見たかった作品。
確かに山の映像はとっても美しいし、
役者さん達ホントに撮影大変であったろうなあっと思いました。
が、なんでしょ?あのあっけないあっさりした終わり方は。
前人未到の場所だったはずなのに、
あれれ?もしかしてこれで征服?しちゃったのかい?
って言ったくらいあっけなかった。
なんだかなんの感動も最後になくて、
すっごくもったいないなあっと思う作品でした。
なにがいけなかったのかな?
時間割くシーンを、間違ったんじゃない?




●「THIS IS IT」
http://bd-dvd.sonypictures.jp/michaeljacksonthisisit/
今は亡き、マイケル・ジャクソンの
2009年のロンドン公演のコンサートのリハの模様を集めたもの。
なんだかねえ、すごく話題になっていたけれど、
死して話題になるってのもなんだかなっとおもいます(^_^;)
生きている時にロンドン公演に興味を持ったのなんて、
ホントにかなりの熱狂的なファンだけだったっと思うもの。
とは言うものの、私も亡くなったのに少なからずショックを受けて
見たいなと思った1人なのですけれど、ね。

感想、一言でいうと
マイケルも、一緒に出るはずだった
ダンサーやコーラスもスタッフも、
みんなみんな実際にちゃんと本番を迎えたかっただろうなあっと。
これだけ適材適所完璧な人材を集めて、
その日のためにそれぞれのプロフェッショナル達が
自分のやるべきことを一生懸命にやって、
晴れの日を迎えられなかったのはさぞ悔しかっただろうなあっと。
なぜ死んでしまったの?マイケル~~!!って
思っただろうなあ~。


●「アマルフィ 女神の報酬」
http://www.amalfi50.jp/index.html
イタリアの景色が美しい!です。
影のあるような役の織田裕二は好きなのでよかったです。
織田裕二、イタリア語しゃべってた?
天海祐希は走るシーンが多かった。
ストーリーがすぐに犯人の予想がついちゃうのが残念。
ちょっとダビンチコードっぽいけど、ずっと浅い感じというか。



●「トランスフォーマー リベンジ」
http://www.tf-revenge.jp/
う~~む、1のがまだ面白かったかなあ。
敵味方のロボット達がホントに入り乱れて
ごちゃごちゃで見るの疲れるし。
ストーリーはこういうのに意味あるものを
求めちゃいけないのかも??(^_^;)




●「20世紀少年 最終章」
http://www.20thboys.com/index.html

1章、面白かった。
2章、あれれ?まあ3章に期待しよう。
3章、時間返せ~~!(笑)

唐沢寿明、トヨエツ、常盤貴子、香川照之、藤木直人、
佐々木蔵之介、佐野史郎、
日本の中年世代の俳優さん達の中で、
けっこうな人たちがいっぱい出ている?
ような気がするのに
なんでこんなに最後つまらないものを作ってしまったの??っと。
さんざんひっぱっておいてこれかよ?て感じです。
原作のマンガは途中までしか読んでないのですが、
こんななのかなあ??がっかりっす。

最近見た中でマッちゃんの「しんぼる」が最悪と思ってたけど、
それに匹敵するくらい、私の中じゃワースト1か2。





●「池袋ウエストゲートパーク」
http://www.tbs.co.jp/iwgpark/00/index-j.html
遅ればせながら、まとめて初めて見ました(笑)
とにかくこれはキング窪塚洋介がいいですね~~。
なんていうか、ひょうひょうとしながらの狂気?というか…
独特です。
今なにしているんでしょうか窪塚洋介は…。
長瀬はもともとTOKIOが好きなのでよろし♪
森下愛子、長瀬の母役なのにすっごくかわいい!
もっと若い女優陣が出ているのに
かわいく見えるのはなぜ?(笑)
渡辺謙はさすがの存在感です。