つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
美人は得だ!&uniの鉛筆&プリンター
2008年09月28日 (日) | 編集 |
青猫ものがたり

27日(土)シアタークリエでやっている「青猫物語」を
友達と見に行きました。
http://www.tohostage.com/aoneko/index.html
シアタークリエは去年できたばかりの劇場で、
こぢんまりしてましたが、とってもきれいな所でした。

主役の北村有起哉はとても芸達者でうまかったと思うし、
きたろうもいい味を出しているし
(もともときたろうを見たかった)、
なにより黒谷友香が、
顔小さいし、スタイルいいし、綺麗だしかわいい!
舞台に出てくるだけでパッと華やか~(^。^)
人間顔じゃないって言うけれど
やはり芸能界ではとくに見目形は大事!!ですよねえ。
女の私が見ても美人は
目をひきつけるられるなあっと思うのだから~~
男の人ならなおさらですよね~~(笑)。
いいな~美しい人は~~♪
美しいというだけでも一歩も二歩も前に進んでいる感じがします。
美人は得だというのにも納得!

お話も軽くて品よくさわやかに楽しめたのでとてもよかったです。
こういうお芝居は結構好きです♪

帰りに銀座をプラプラして
ITO-YAに行ったら入り口のところで
三菱uniの鉛筆が10Hから10Bまでずら~~っと並んでいた。
鉛筆って10Hとか10Bまであったかな?
記憶だと6くらいまでだったような??っと
引きつけられるように見にいってしまった。
聞けばuniは今年の10月で50周年を迎えるそうで
それを記念して新たに10H、7B、8B、9B、10Bの
5つの新硬度の鉛筆を出したのだそう。
ぜんぶで10Hから10Bまで22硬度は
世界最大の硬度幅なんだそうな。
22硬度の鉛筆セットが3,465円で売っていた。
人気で品薄状態だとそこにいた係のおじさんは言っていたけど、
私は自分の持っていない
7H~10Hと7B~10Bをバラで購入(^_^)。
時間のあるときに
久しぶりに鉛筆画でも描いてみようかな?なんて。

uniの鉛筆1 uniの鉛筆2
10Hと10Bでは芯の太さがまるで違いました。

そして今日は、この前買った新しいiMacに
今まで使ってたEPSONのプリンター
PM3300Cがドライバーが対応していなく、
接続できなくて不便だったので
仕方なく新しいのをやっと買ってきました。
今度のもやはりEPSONでA3ノビまで出力可能なPM-G4500。
http://www.epson.jp/products/colorio/printer_single/pmg4500/index.htm
いままでできなかったフチ無し印刷できるし~~♪
だけど、これはOS9のそれまで使っていたMacには非対応(-o-;)。
結局前のプリンターも残さねばならず、
置き場所がなくて頭の痛い状況です。
まったく、ホントMacの無駄に年中バージョンアップされるOS
どうにかしてほしいもんだ!
周辺機器もドライバーで
ちょっと古い機種でも両方使っている人が結構いるんだから
ちゃんと対応してほしいです~。

プリンターPM-G4500
まだ箱のまま廊下に~。

スポンサーサイト
父手術。
2008年09月25日 (木) | 編集 |
この前、父親にちょっとした病気が発覚して
昨日その手術だった。
手術はびっくりするほど簡単に早く終わり、
出血もあまりなく、経過も良好だったようで、
2泊の予定が1泊で今日はやくも退院だった。
今の医療技術ってホントにすごいですね。
笑っちゃうのが父上のマイペースさ加減。
結構弱くて、年中病院のお世話になっている割には
今まで入院せずに来れたのはまさに奇跡だったんだけど、
今回の病気ではさすがに検査と今回の手術で
入院しなければならなかった。
でもどうにも病院に泊まるというのがイヤだったみたいで、
はやく帰りたくてしょうがない。
今日も朝の先生の回診で退院OKと聞いたとたん、
もう帰る気まんまんで、
私と母が行った時にはもう点滴つけたまま着替えてた(^o^;)。
お昼食べてゆっくりしてからお帰りください~~と
優しく看護婦さんが言ってくれても
心の中じゃ
(看護婦さんいなくなったら口に出しても言ってたけど)
お昼なんていらないから早く帰りたい~~。
結局お昼をいただいたけど、食べたら食べたで
もうさっさと荷物を持って帰ろうとする(^o^;)。
会計の準備ができるまでもうちょっとお待ちくださいね~っと
一度出た病室にまた戻らされた。
そりゃそ~だ。病院の側にだって都合があろう(^_^;)
ホントは最初2泊で予定してたみたいだったし。

でもなにはともあれ、無事に手術が済んでよかったよかった。
眠れなかったらしくて寝不足気味なのをのぞけば、
そう弱った感じもなかったし、
これであと10年は寿命のびたかな?(笑)

父の入院していた病院、全て個室しかなくて、
入院費用はべらぼうに高いのですが
(そのかわり、普通の診察や治療費は安いぐらいだと
同じようにここにかかった友達やうちの母は申しております)、
とても院内きれいで、
スタッフの人たちの接し方がものすごくよかったです。
教育がすごく行き届いている感じがしました。
父親も入院すること自体はいやで仕方なかったようですが、
入院中まったくイヤな思いをすることもなかったので
結構満足してたみたいです。
病気になって病院に行くこと自体、
患者にとってはすごく気の重いこと。
いい病院でよかったね。

今日はゆっくり寝てちょーだい、お父さん(^o^)

ランディーが~~!!
2008年09月19日 (金) | 編集 |
昨日いとこのうちのワンコ、
オールドイングリッシュ・シープドックのランディ
(♂14歳なりたて)が
亡くなってしまったと連絡がありました(泣)
ランディはうちのクロベエ(♀ミニチュアダックス)が来て、
ほんの数ヶ月後にいとこのうちに来たので
クロベエとは同い年。
子犬の時から大きかったけど、
大人になってからは35キロくらいあったので
一緒に遊ぶにも覚悟がいった(笑)。
よだれだらけになっちゃうしね。
今年の初めに会った時はまだ立ってじゃれる元気があったのに、
最近は足腰が立たなくなっちゃっていたらしい…。
そしてとうとう昨日力つきてしまったそうです。
悲しいなあ~。
クロベエもそう遠くない将来そういうことが来るでしょう。
動物が死んでしまうときって、無言で去って行ってしまうので
よけいになんだか悲しいのですよね…。
ランディ安らかに…。

ランディー
若かりし日のランディ