つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
今日はなんだかいい日だな。
2013年02月28日 (木) | 編集 |
最近、あんまりいい話がない我が家に
久しぶりに明るい話が〜〜。
今日神奈川の公立の発表があったようで
弟の所の上の甥っ子が、
無事志望高校に受かったようで、よかったよかった(=^.^=)。
人のうちの子はあっという間に大きくなるなあ〜。
歳とるわけだ。


もう1つ、仲良しの水墨画友達のおばさまから届いたハガキに
ちょっと嬉しいことが書いてありました(^^)。

ハガキ

私の送った年賀はがきが3等当たっていたそうで〜〜、
よかったよかった(=^.^=)。
うちの年賀状まだ全然見てないけど
切手以外が当たることもあるのね。
スポンサーサイト
スマホ・・・つかいづら〜い(-o-;)
2013年02月22日 (金) | 編集 |
ご心配おかけ致しましたが、
昨日無事に、父が退院できました。
カテーテルでつまり具合もわかったし、
だいぶ顔色もよくなって、ゾウさんの足のようにむくんで
立つこともつらかった足のむくみもすっかりなくなって
よかったなあと思います。
これからまた母が大変だけど、家族で支えていきます。
色々ありがとうございました!

昨日は旦那も家にいたので、
実家に行くついでに
かねてから携帯会社を変えたかったので
auに番号そのまま乗り換えをしに行きました。
家電話のjcomとも提携しているので
トータルな通話料安くなるみたいだったので・・・
夫婦と母の分の3台分。
いやあ、もう普通の携帯は4種類しかなかったです。
まさにスマホ全盛。
母は年寄り向けのらくらくフォン。
私たちは結局スマホに〜〜。
旦那は電池関係のこと重視で京セラのもの。
私は画面がきれいだったのでシャープのアクオス
(元々の携帯もシャープだったし)。

スマホ


使いづらいね〜〜〜(^_^;)
文字打つのにすんごいイライラする〜〜!
でかいし。みんなどうやって持ち歩いているの?
慣れる日・・・が来るのか心配(^_^;)

にしても・・・
帰り際、来月キャッシュバック
35,000円もしてくれる紙を渡されて
びっくりしたのだけど・・・
なんで?
救急車・・・
2013年02月14日 (木) | 編集 |
救急車を呼ぶのにはすごく勇気がいる。
よくタクシー代わりに使う人がいるとか、
色々ダメダメな人に振り回される話も聞くけど、
ほとんどの善良な市民は、
本当によほどの時にしか呼ばないはずだ。

心臓病、前立腺がん、がんによる骨の疾患で
もうずっと闘病中でかなり弱っていた父が
今日、かなりの不調で吐き気も強く、
どうしようもないのを母がみかねて初めて救急車の要請をした。
力を振り絞ってよろよろ歩いた父に向かって
(父も大人しい人なので、ホントに苦しくても苦しいと言わない。
歩けますかと言われれば無理しても歩いてしまう人なので、ね)
救急車の救急隊のリーダーと思われる人は
開口ひと言目に
「歩けるならタクシーで行って下さい!」と。
心臓疾患があること、がんのせいで骨も弱っていて
ずっと同じ姿勢でいれないことを
母が説明し、
「◯◯病院に全部データがあるので
そちらに連絡してくれればわかります。
一番どうしようもなくて
助けて欲しい時だからこそ救急車呼んだのに
連れて行ってくれないのですか?」と。
近所の人も出てきて
(うちの父が病気で大変なのはみんな知っているので)、
援護射撃してくれて、結局はなんとか無事に
救急で病院に行くことができましたが・・・。
結果、心筋梗塞を起こしている可能性が高く
(年末に検査したばかりだったのに・・・)、
予断をゆるさないということで、
そのまま集中治療室に入院となりました。
明日詳しい、カテーテル検査することになりました。

その救急隊員、病院と連絡がとれて、
本当に大変なのだとわかったあと、
帰り際に、心臓は急を要するので、
おかしいときはいつでも呼んで下さい!っと
ころっと態度が変ったそうです。
母は苦笑いをしておりました。

救急隊員の人もいろいろ大変なことがあるのだと思うけど、
もしかしたら、どうしようもない要請が
続いたあとだったのかもしれない、
でもどうしてもそこで必要としていて
やっとの思いで頼って連絡している患者にとっては命の綱だ。
そんな態度をとった隊員さんではあるけれど、
救急車でいったおかげで命を救われて
私も母も感謝するのだもの。
今回の人は、ちょっと惜しい・・・人だなと思います。