つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
芸術三昧な日
2007年04月04日 (水) | 編集 |
まわった展示会でもらったもの

昨日は水墨仲間のノブさんとトモちゃんの3人で
まずは銀座三越前で待ち合わせ♪
銀座でやっている水墨画展めぐりをしました。
こんなに色々水墨画の展覧会をやっているのにびっくり。
そしてこんなにいっぺんに色々まわったのも初めてだった…。
感想は…先生の絵の傾向は生徒の描いた絵に
そのまま影響するのがよ~くわかるので、
先生を選ぶのってとても大事なんだなと思う。
先生によって同じ墨を使う絵でもこうも違うのかというのが
とてもよくわかる。
正直私達の師匠東雲先生ほどすごいなっと思う絵を描いている方は…
いなかった(好みの問題もあるとおもいますが…)。
偶然とった水墨画で教えているのが東雲先生だったけど…
これってすご~くラッキーなことだったんだ!っと再認識。
それとノブさんが付いていてくれたので
画廊というところにも初めて入りました。
やはり「売る絵」はただの「展示している絵」とは違う…。
お金を払って買ってもらう絵はやはり並大抵ではダメなのですね…。

水墨画巡りの合間にトモちゃんお勧めのカレーやさん
「グルガオン」でランチ。
普段もっとランチ時は混んでいるらしいけど、
雨のせいかすんなり入れてラッキ~♪
3種類のカレーが食べれるランチを頼んだ。
トモちゃんお勧めの「チーズクルチャ」を
100円足すと付けれるというので、それを頼む。
「チーズクルチャ」お勧めです。
ナン(?のような生地)の中にとろ~りチーズが入っていて
めちゃうま!!
カレーも3種類とも辛すぎず甘すぎずとてもおいしかった!
また行きたいと思うお店が1つできました(^^)。
のぶさん、ごちそうさまでした!
トモちゃん、お店を教えてくれてありがとう!

そして…水墨三昧のあとは場所を上野に移動して、
国立博物館でやっている「レオナルド・ダ・ヴィンチ」展へ。
第1会場と第2会場に分かれているのだけど、
第1会場は「受胎告知」の絵だけが
厳重な警備の元(金属探知器検査、手荷物検査有り)、
展示されていた。
絵はすごかった…これを20歳か21歳の時に描いた
レオナルド・ダ・ヴィンチはやはりたたものではない!
モナリザの背景にもあるような遠くに山のような景色を
この頃からもう描いているんだなっと妙に感心した。
第2会場は…ほとんどが自筆のデッサンやメモのような
色々思考をしている間に描いたような物と
それに基づく復元物とが一緒に展示されていた。
物理の授業高校時代とらなかったけど(^_^;)
そんな感じのをたくさんみているようであんまり理解できなかった。
私は凡人だしね…。
ただひとつレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉ですごく印象に残ったのは、
「あらゆる学術の中で絵画が最上位にあると考える」。
色々な事に興味を持って探求した天才レオナルド・ダ・ヴィンチが、
絵画が一番すごい!って言っているのがすごく興味深い。
医者と画家どっちが偉い?と言われたらやっぱり医者だと思うから。
でもなんかちょびっとだけ芸術系関わっている私としては
嬉しい言葉でもありました。
レベルがまったく違うけど…(~o~)、絵画描いてないけど…。

のぶさんの篆刻
篆刻の上手なノブさんが私のために彫ってくれました♪
カメ好きの私のためにカメさんの印まで~(^o^) 超感激!
こんなにすばらしい落款を作ってもらったので、
水墨も絵ももっと頑張ってこれから描かなくちゃ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おつかれ~
ダ・ヴィンチ展はね、気になってるのよねえ。
なんだか難しそうなのね。物理かあ…。
でもやっぱ「受胎告知」は観るべきだよね。
でも平日でもかなりの混み混みなら
休日はすごいことになってそう…。

篆刻かっこいいね~。
しかも4種類も、すごいね。
この印に負けないように、
よい作品いっぱい描かないとね(^◇^)。
2007/04/04(Wed) 19:43 | URL  | M #-[ 編集]
そうだねえ…
ダヴィンチは…う~む受胎告知は見た方がいいと思うけど…。
まあ面白いのは面白いけど、
凡人にはちょっと理解不能でした…(笑)

ね、4種類も~!!
作品作らないとなあ…ちゃんと自主練しないとなあ。
2007/04/05(Thu) 09:41 | URL  | カメピー #5bwaSGmE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可