つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
大好きな「有閑倶楽部」がドラマ化…(+_+)
2007年10月17日 (水) | 編集 |
有閑倶楽部1巻
有閑倶楽部1巻。昨日のドラマの内容は1巻のもの。
オリジナルストーリーにちょっとなってたけど。


一条ゆかりのマンガが好きでほとんど持っている私ですが、
その中でも一番のマンガ
(いや、持っているマンガ全部の中でも1番か2番に好きなもの)
である「有閑倶楽部」。
昨日からジャニーズばっかり(?)な配役で
日テレでドラマが始まりました。

う~む、原作にかなり思い入れがあったので、
ドラマ化の話が出たときに、うにゃ~っと思ったけど…
ダメだなあ…。
違うモノとして割り切ってみればいいのかもしれないけど。

他の役も言いたいところは色々あるけど、
特にもう見た目だけが大事な役なのに全く合ってない、
美童役のKAT-TUNの田口くんとやら。
だってクォーターの金髪サラサラストレート、
女にもてることだけが自慢の、顔とまめさだけが取り柄の美童よ。
なんでそれがバリバリ日本人顔の子がやっているんだ?
しかもそんな顔で金髪(そしてかなり中途半端な長さの)にしているもんだから
なんか余計におかしかったなあ…。
苦しい…なあ。
(別に田口くんとやらが悪いと言っているのではなくて、
他にもうちょっと見た目だけでも適役な人いなかったの?っと思うの…です)

魅録の父の時宗役の鹿賀丈史と
悠理の父、万作役の片岡鶴太郎はなんかよかったけど。
やっぱりもう見るのやめようと思うのでした…。
あ~あ…マンガのドラマ化って難しいんだなあ…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可