つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
とっても楽しいライブとトークをありがとう!
2008年02月18日 (月) | 編集 |
16日土曜日渋谷のO-WESTでナオト・インティライミの
「ナオトの部屋」を見てきました。
特別ゲストによるトーク中心のミュージックライブ♪
すんごく楽しく面白いライブでした!!

チケット取ってくれたマチダちゃんのおかげで
4番目5番目で入場できた私達。
真ん真ん中の一番前の席をゲットできました♪
すっご~い!!近すぎるほど近い!!

ゲストは椎名林檎のお兄さん、椎名純平さん。
最近はミュージカルで頑張っていたという、中川晃教さん。
サンプラザ中野改め「サンプラザ中野くん」さん。
そしてスキマスイッチの頭もじゃもじゃ常田真太郎さん。

この4人が徹子の部屋ならぬ、
「ナオトの部屋」を訪ねる設定で進んでいきます。

まずは椎名純平さん。
椎名林檎のお兄さんということ以外、
前情報失礼ながら全く無しだったのですが、
トーク面白かったし、
キーボード弾きながらの歌は渋くてかっこよかったです。
2曲しか聞けなかったけれど、
ブラック系のジャズっぽいのが中心なのかな?
(音楽イマイチ詳しくないのでよくわからないけど…)
他の歌も聞いてみたいなっと思う人でした。

次に中川晃教さん。
ミュージカル「モーツアルト」に出てたり、
去年までミュージカルに出ることが多かったというこの人は、
普通の音楽と
ミュージカルの独特の世界との差を話してくれました。
最近少しだけミュージカル見に行くことがあった私には
興味深いお話でした。
今年はミュージカルは少しお休みだそうですが…。
見た目細くて華奢で王子~~って感じなのに
(キンキの光一君系)、
しゃべるとかなり「変!ヘン!」でした。
まじめな話をたくさんしていたのに、
面白いイメージが強いのは、トークもうまいっ!!って事かな。
キーボード弾きながらの歌も、透きとおる声でよかったし。
この日私の1番の注目だった人。
いろんな意味でおもしろ~い(^。^)

サンプラザ中野改め「サンプラザ中野くん」さんは
実物細くて長い(高い)!
音楽始めるキッカケになった虫バンドの話とか、
頭を剃るようになった理由とか、
改名の理由とか、面白い話満載!
ほんの1~2メートルの距離で歌う
名曲「大きな玉ねぎの下で」を聞いたのには
感動しました。
この時キーボードの伴奏はスキマスイッチの常田さんだしね。
すごいありえない組み合わせで聞けたわけで…
ライブっていいなあって改めて思いました。

スキマスイッチの頭もじゃもじゃ常田真太郎さんは
もうもじゃもじゃでなくって普通の頭でびっくりでした。
頭無いと誰かわからない(失礼だな、きっと私…)。
切ってまだ3週間だそうなのでまだ見たファンも少なかろう♪
常田さんのお話でビックリだったのは
ピアノ始めたのが20才からだったということ!
ピアノやキーボード、音楽に関わっている人のイメージって
みんな小さい頃からピアノをやっていて
毎日何時間も練習している感じだけど、
20才から始めても上手にしかもプロでやっているのって
並たいていの努力と才能じゃできないよなあっと。
トークもすごく面白かったです。
トークしているの聞いたの初めてだったので
こんなにおしゃべりの上手な方だったとはっとビックリでした。

うん、今日のライブは文句無くすんごく面白かった!!
3時間以上の長い間だったけど、
飽きることなく笑えて聴けてさいこ~でしたヽ(^◇^)ノ
それにしても…座れてよかった!
後ろの方でずっと立ち見していたお客さん達は、
楽しかっただろうけど、疲れただろうなあ…。
座っていてもおしり痛かったもん(×_×)。

ナオト・インティライミ~!!あなたはすごい!
最高の楽しい時間をありがとう!
マチダちゃん、いいライブチケットをホントにありがとう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可