つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
金魚のがまぐちと蓮池さんの本
2006年08月15日 (火) | 編集 |
最近2日遅れで日記を書いていますが(^^;ゞポリポリ...
これも2日前の13日(日)に
東急ハンズの町田店に用があって行ったときに買ったもの。

最近和ブームですが、ハンズに行ったら浴衣をはじめ、
色々な和モノが売っていた。
日本の夏~ってかんじで、見ているだけでも楽しい。
目に付いておもわず買ってしまった、金魚のがまぐち。
がまぐちの底の方から見た金魚の口が~!!
かわいすぎ~(●^o^●)
やっぱり夏と言えば金魚だよなあ。
金魚のがまぐち1金魚のがまぐち2

そして地下にあった本屋さんでふと目に付いた本。
蓮池薫さんの訳した本…。
きれいなかわいいイヌのイラストにも目がいったのだけど、
蓮池さんってあの蓮池さん??と思わず手にとってしまった。
「ハル 哲学する犬」というタイトルのその本は、
やさしいイラストとやさしい言葉でつづられる
大人のための絵本という感じです。
私はあまりいわゆるいかにも女の子チックな
ポエムや詩集というたぐいがあまり好きではないのですが
この本はすっと入り込めました。
蓮池さんはこの本の翻訳にはほんとに丁寧に取り組んだそうです。
言葉のニュアンスをうまく伝えるのって
たいへんなんだろうなあと思います。
すごくやさしい気分になれる本。
癒される1冊でおすすめです。
とくに最近イライラしてたり、落ち込んでたり、
色々うまくいかないなあなんて思っている人には、ぜひ~(^_^;)。
「ハル」というのは韓国語で
「1日」という意味もあるそうです。

蓮池さんの本

蓮池さんの本中面1蓮池さんの本中面2

著者:クォン・デウォン イラスト:Barunson 訳:蓮池薫
ポプラ社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可