つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
つぶやき…
2011年03月13日 (日) | 編集 |
昨日は母の誕生日だった。
が、そんなこんなで電話でしゃべっていても
ほかに話す事がたくさんありすぎたので
おめでとうの一言も言うのを忘れていた(笑)。
なのでさっき電話
(プレゼントは数日前に渡してあったのだけれどね)。

が、はやり、話題は母もよく知る友達のOちゃんの話になる。
ホントに無事でよかったと。
Oちゃんは悪運強き女なので(笑)、
昨日友達のKちゃんとも心配しつつも話してたのだが、
「災害で死ぬとは思えない!」という妙な確信があったものの、
やはり、テレビで何度も流される
津波で市が覆われる映像を見ると心配になる。
無事を確認するまではやはりみんな不安なのだ。
私などよりも、離れて暮らすOちゃんのご家族の心配は
いかばかりだったろうか。

それにしても、
今回の東北地方のあの津波での尋常でない被害は
なんといっていいかさえわからないひどさでしたね。
知っている風景の変わり果てた姿を見るのは
ほんのちょっと観光で行った程度の私でさえ、
涙が出そうになるくらいです。
地元の人たちはどんな気持ちだろうか…(T_T)。

Oちゃんのお母さんに聞いた話では
とにかく電気がないので、情報が現地に届かない、
自分たちの今置かれている状況がまったく把握できないと
言っていたそうだ。
確かに、連日私たちはテレビで映像見る事できているけれど
当事者の人たちはライフラインを絶たれているわけだものね。
一番情報を知りたい人たちが、知る事のできない状況ですものね。

今の世の中、電気がなければなにもできないもんなあ~~と思う。
家の電話は、電気なしでは動かないし、
お風呂ももちろん、
最近じゃコンロさえ電気になっちゃっているものね。
ちょっと停電しただけでもすっごく不便を感じてしまいますよね。
それが何日も続いたら…。

ホントによく色々
防災の事を今回の地震では考えようと思いました。
自然の前には、あまりに人は無力ですね。
だから考えられるできるだけの備えをすることしかできない…
とは思うけど。
でもあんな津波が勢いよく迫ってきたら、
やっぱり逃げるだけで精一杯…だよなあ~~~
う~~む(-o-;)。


そんなわけで(どんなわけ? 笑)
今日の筆日記はめずらしく洋画風の水墨画。
http://miwasumiart.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可