つらつらとおもいつく日におもいつくままのひとりごと…
植物その後
2006年09月22日 (金) | 編集 |
この前、植物が育てられな~い、と日記に書いたら、
読んでくれたみんなに色々アドバイスいただけたのですが、
なかでも私は日記をmixiの中でも書いていて、
(このブログとリンクしてたりしてなかったり…
その辺は超気ままなのですが…)
そのなかで知り合った女の子がすごく詳しく丁寧に教えてくれたので
やってみました、昨日暇だったので(^_^;)。
植物1

植物1-2

あの日記以来地道に買い求めてきたモノ。
アロエの子株用のちょっと深めの植木鉢3個と下に敷くトレー3枚。
アロエの土。ある人に赤玉土がいいって教えてもらったので、
園芸店で聞いたところ、アロエの土って言うちゃんと
その赤玉土をうまくアロエ用にブレンドしてくれてある
便利なもんがあったので、
初心者としては素直にそれを買ってみました。
あとはバジル用に植木鉢2つとハーブの本と観葉植物の本
(1冊本があるといいですよ~っと言われたのでこの前買ってきた)。
ハーブの本はバジルがオーソドックスなのか
なんども見本例として出てくるモノだったので即購入。
観葉植物の本も写真入りに絵入りに、
そしてポトスを例にしているところが多かったのでこれも即決断。
あとは100均で観葉植物の土とハーブの土っていうのと
緑色じゃないけど、花・ハーブ用って書いてある栄養剤。
そして、mixiの日記のプリント(^^)

これで準備は万端!!
ポトス1ポトス2

まず、ポトス。根っ子の付いているところの
1センチくらい上をちょんと切るといいらしい。
ってわけで、適当に葉っぱを残しながらチョンチョン切った。
一番上に見える根っ子だけの部分は大元の根で、
茎がねじれて出てたので葉っぱを残さずにちょんぎっちゃった…。
こんだけ根っ子が生えているんだから、
葉っぱなくてもきっと大丈夫さっっと勝手な判断。

んでもって、観葉植物の土っていうのに植えてみたもの2つと、
水栽培してみようかと水にそのまま入れてみた1つ。
一番左のいびつな入れ物は、
前に益子焼きの益子町に行って
体験ろくろコーナーで作ったもの~(^o^;)。

ここからうまく生い茂るほど復活して欲しいなあ。

バジル1

次にバジル
バジルはあまりに密集して植えすぎた感じなので
分けようかとおもい新しく植木鉢を買ってきた。
元々植えてあったのを、全部ひっくりかえしているうちに
プラスチック製だった元の植木鉢は
バリバリと壊れてしまった(^_^;)。
で、根を見たら思った以上に密集していて
別々に剥がすのが困難だったしかわいそうな感じだったので、
とりあえず2つに分けた。
それでそれぞれ新しく買った植木鉢にハーブの土を入れて植えた。
栄養剤も端っこの方に置いてみた。

それと先っぽ切って水に差しておくと
茎から根っ子が生えてくるということを教えてもらったので
おとといから水に差してあるバジル(写真手前)。
なんか土に植えてあるのより生きがよいのはなぜだろう?
根が出てきたらまた植えれば増える♪らしいので、楽しみ。

アロエ1アロエ2

最後にアロエ。
でかいアロエの周りにこれでもか~と出てきた子アロエ達。
全部植木鉢をひっくり返して株を見てみたら
思ってた以上にすんごいたくさん出てきた。
アロエの土の袋の裏側に根の付いた子株の分け方っていうのが
出てたけど、ホントは1株に1つの植木鉢がいいらしい。
かなり大きくなるから。
でも~、でも~、そんなこと言ったら
あと5つ以上は植木鉢いるじゃん!!
ってことでとりあえず3~4株いっぺんに入れてしまった(^_^;)
また植木鉢買ってきて植え直さないとダメかなあ??
右したの小さな1つはあまりに弱々しい株が1つだけあったので
小さな植木鉢にそれだけ植えてみました…。
こんなにアロエあってもねえ。
アロエだけでうちの狭いベランダはいっぱいに
なってしまうじゃないの。
実家1つ持っていこう。

周りがなくなってすっきりした大株は
支えがなくなったので今度は1人で立てなくなりました(^_^;)。
2本の支柱を立てて支えてますが、なんかご老体って感じだわ~あ。
アロエって観葉植物かと思ったら、観葉植物の本には載っていない。
本屋さんで探したけど、
あまりアロエって載ってないのはなぜ?

ちゃんと根付いてくれるかなあ、この子達は…。

注:あとで教えてもらった所によると
アロエはサボテンの仲間だそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可